とりわけ利便性が高いと評判なのがプロミス

 

プロミス公式サイトはこちら
プロミスボタン

 

消費者金融系のキャッシングサービスの中でも、とりわけ利便性が高いと評判なのがプロミスです。

 

以前は、独立系の大手消費者金融会社でしたが、貸金業法の改正以降は経営が悪化し、三井住友銀行の傘下に入りました。
その後は、大手銀行系のキャッシングサービスとして業界でもトップクラスの実績を上げています。

 

プロミスのメリットとして考えられるのが、まず、最近はやりの無利息サービスを提供しているところです。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 

しかも、他の多くの無利息サービスが契約日から30日間などの縛りがありますが、こちらのサービスは利用日から30日となり、30日以内に全額返済した場合は、残った日数は次回に利用することができます。

 

また、こちらも最近はやりのポイントサービスも提供しており、様々な特典を得ることができます。

 

このポイントサービスは業界でも注目されており、借りるたびにポイントが付き、毎月きちんと返済している顧客にはより多くのポイントが付くようになっています。

 

■審査は最短30分!24時間お申込みOK!
初めての方でも安心&最短30分でご利用可能額を回答!
プロミスの詳細はこちら!

プロミスの支払い方法はどのような特徴が?

プロミスの支払い方法

このようにメリットの多いプロミスですが、融資を受けた後の支払い方法についてはどのような特徴があるのでしょうか。

 

せっかく利便性の高いサービスを提供されても、支払いで悩まされるようになると問題がありということになります。

 

しかし、この支払い方法についても消費者金融の中ではトップクラスの利便性が提供されています。

 

消費者金融のキャッシングサービスの場合、最も問題になるのはATMを利用しての返済です。

 

プロミスのATMを利用する場合は手数料無料ですが、提携先のATMを利用すると多くの場合に手数料が発生します。

 

コンビニに比べると店舗数やATMの数が少ない

 

プロミスなどの消費者金融は店舗数やATMの数が少ないため、ほとんど提携先のATMを利用することになります。

 

しかし、プロミスの場合には、プロミスの自社ATM以外でも、三井住友銀行のATM、或は、コンビニのATMではなく、ローソン・ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートなどのマルチメディア端末で返済すると手数料がかかりません。

 

これは大変ありがたいサービスです。

 

もちろん、手数料はかかりますが、セブンイレブンなどのATMも利用可能です。

 

また、これ以外にもインタ―ネット返済や口フリを利用して返済しても手数料はかかりません。

 

インターネット返済の場合には、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行に口座を持つ必要がありますが、24時間365日いつでも返済可能ですることができます。

 

プロミス公式サイトはこちら
プロミスボタン